スタッフブログ

2017年10月12日(木)

ハチ対策!!!!

こんにちは、溝の口駅から歩いて5分、高津区役所前整骨院です :-) 

本日はスズメバチに刺されない為の対策をご紹介致します!!

嬢王蜂のキャラクター

スズメバチの被害

スズメバチの被害の多くは8~10月に集中しています。熊や毒蛇の被害より、スズメバチによる死亡例の方が多いとされています。

特に9月は働きバチが増え、巣が拡大して活動的になるシーズン。最もハチの被害が多く、危険な時期なのです。 :-(

何故スズメバチは人を刺すのか??

ハチが人を刺す理由は1つです。

その理由は、ハチ自身や巣を守るためです。

産卵のためや、エサを捕るためではなく、ただ自身や巣を守るためです。わたし達の近くに飛んできたハチを振り払ったり、潰そうとすると刺されてしまいます。また、巣があることに気付かずに、近くで大声を出したり、振動を与えたりしても敵だとみなされ刺されてしまいます。巣の近くで巣に刺激を与えてしまうと、巣の中にいた蜂たちの大群に襲われる可能性が高く、非常に危険です。

野外で活動するときの対策

①黒い服はなるべく避ける

ハチは黒い色に寄ってくる習性があり危険です。

白っぽい服や明るめの服を着るようにしましょう。

また、肌は出来るだけ露出しないようにしましょう。

②香水や整髪料などは避ける

ハチは匂いに敏感で、これらはハチを興奮させる成分が入っている事があります。

なるべく匂いのないよう注意してください。

③ジュースの缶を放置しない

飲みかけのジュースなど清涼飲料を放置すると

甘い匂いに誘われてハチが寄ってくるので注意して下さい。

④巣を発見しても近付かない

当たり前ですが、興味本位で近付かないで下さい。

また、巣を刺激したり大声を出したりしないこと。

最近は住宅街にも巣を作ったりしていてどこに飛んでいるかわからない状態ですのでこの時期は特に注意が必要ですね 💡

交通事故・労災・骨折・脱臼・打撲・捻挫
スポーツ中の怪我・ぎっくり腰・寝違えなどは当院にお任せください!