スタッフブログ

2017年9月5日(火)

頭痛に効果的!!

こんにちは、溝の口駅から歩いて5分、高津区役所前整骨院です 😛 

整骨院には筋肉の緊張からくるお怪我の患者さんも多く来院されます。

それと同時に、頭痛を訴える方も多いです 😥 💦

そこで本日は筋肉の緊張から引き起こされる『緊張型頭痛』に効果的な食べ物ついてご紹介致します。

頭痛のイラスト

■緊張型頭痛の原因とは■

緊張型頭痛は、首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張することで起こるといわれています。


筋肉の緊張が高まると、筋肉内の血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまります。それが周囲の神経を刺激し、締めつけられるような痛みを起こすのです。

また、精神的ストレスは、筋肉の緊張がなくても頭痛を引き起こすことがあります。

神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている「痛みのコントロール機能」がきちんと働かなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまうのです。

■頭痛を予防するには■

・筋肉をほぐす
・ストレッチや軽い運動をする
・セロトニンを含む食べ物をたくさん食べる
・ストレスの原因をなくす

セロトニンとは、心のバランスを整え、血圧、消化、体温、痛みの間隔など、多くの身体的な機能もコントロールしている神経伝達物質です。

■頭痛に効果的な食べ物■

トリプトファンには、脳に運ばれるとセロトニンを生成する働きがあるため、セロトニンを増やしたい場合はトリプトファンを多く含む食品を摂取することが必要になってきます。

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品、豆腐・納豆・しょうゆ・味噌などの大豆製品。
さらに、カツオ・マグロなどの魚類、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などにも多く含まれています。

また、セロトニンはトリプトファンだけでなく、ビタミンB6やマグネシウム、ナイアシンからも合成されます。
ビタミンB6は、サンマやニンニク、マグネシウムはわかめやひじきに、ナイアシンはきのこ類や緑黄色野菜などに多く含まれているため、積極的に取り入れることをオススメします。

併せて軽い運動やストレッチを習慣にさらに効果が期待できそうですね 😛

交通事故・労災・骨折・脱臼・打撲・捻挫
スポーツ中の怪我・ぎっくり腰・寝違えなどは当院にお任せください!