スタッフブログ

2017年6月15日(木)

6/15 『生姜の日』

こんにちは、溝の口駅から歩いて5分、高津区役所前整骨院です 😛 

 

2009年に永谷園が制定。

生姜の魅力を多くの人に知ってもらうきっかけの日にするのが目的。

日付は生姜が奈良時代から神様への供え物として献じられ、6月15日に感謝の祭りが行われてきたことから6月15日になりました。

生姜はよく冷え性に良いと聞きますよね。

それだけでなく、いろいろな効能があるんです✨

本日は生姜の効能についてご紹介していきます!!

 

    生姜のすりおろしのイラスト

   🔸🔸🔸効能🔸🔸🔸

生姜といえば辛味がありますよね。
この辛味成分には主に3つに分かれています。
ジンゲロールショウガオールジンゲロンです。

★ジンゲロール★

・血行不良の改善

・吐き気の緩和

・老化防止、免疫作用向上

 

★ショウガオール★

・血を巡らせ体を温める

・がん細胞の増殖、変異の抑制

・痛みを抑え、血行不良の改善

・ダイエット、美肌効果

 

★ジンゲロン★

ジンゲロンにも血行を促進し体を温めて冷えを改善する働きがあります。

体が温まると代謝も高まるため脂肪を燃焼しやすい体にしていくことが望めます。

また腸のぜん動運動の活性化にも通じるため便通をよくする効果が期待できます 😛

生活習慣病の予防にも働きかけられますよ♪

 

🔸🔸🔸注意点🔸🔸🔸

また注意点もあるんです!

健康維持のために摂りたい生姜の1日の目安量は”1日10g”だそうです!

大人の親指の第1関節ぐらいの大きさですね。

食べ過ぎてしまうと、消化器官に影響が出ます。
胃腸の弱い人は要注意です⚡

乾燥肌の方も、肌の炎症の悪化につながることもあります。

また、妊娠中の方もつわりの吐き気にも効果のある生姜ですが
摂取し過ぎると流産の危険性があります。

最後に、血液が止まらないようにするお薬を服用している方も注意が必要です。

止血作用の働きを弱めることもあります。

血栓症など血液を固まりにくくする薬を服用している方は十分ご注意ください。

 

1日の摂取量を守って、ショウガで健康になりましょう!!!

 

交通事故・労災・骨折・脱臼・打撲・捻挫
スポーツ中の怪我・ぎっくり腰・寝違えなどは当院にお任せください!